現在のページ:
ホーム
> 協会について
> 業務について「学校保健」

協会について 業務について協会についてへ

学校保健

未来を担う子供たちの健康をまもるため,私たちは常に最新の健診方法を提供しております。
また,的確な診断により,明るい学校生活を送れるよう支援いたします。

健診の内容と解説

尿検査

腎臓病及び糖尿病を早期に発見し,適正な治療や生活管理につなげることを目的とした検査です。

 当協会の特徴

当協会では,より精度を高めるため確認検査や2次検査を実施しています。
1次検査陽性者を対象に2次検査を行い,2次検査では蛋白と潜血の陽性者に対し「尿沈渣」も行います。

※ スルフォサリチル酸法とは
感度が高い検査法です。微量な尿蛋白の見落としを防ぐことが可能です。また,スルフォサリチル酸法で陰性なら尿蛋白は陰性であると判断されるため,不必要な二次検査を除外することが可能です。
※ 尿沈渣(にょうちんさ)とは
尿を遠心分離機にかけたときに沈殿してくる赤血球や白血球,細胞などの成分のことをいい,これらを顕微鏡で観察し調べています。

 

心臓病検診

児童・生徒の突然死の予防,心臓に何らかの異常や病気をもつ児童・生徒を適切に管理・指導し,治療につなげるための検査です。

小児の心疾患は,特に高度で専門的な判断を必要とするため,小児循環器専門医の判断が必要です。当協会では筑波大学,茨城県立こども病院,日本医科大学の小児科医局等の協力のもと,二次検査まで実施可能な体制を確立し,学校や保護者の方々にとって負担の少ない,かつ高精度な心臓病検診を提供しています。

※ 学校生活管理指導表とは
運動強度と指導区分を体育教科や学校生活にあてはめた表で,児童・生徒の学校生活の管理・指導に用いられるものです(日本学校保健会作成)。

 

寄生虫卵検査

寄生虫卵保卵者を早期発見し,寄生虫の駆虫や集団感染防止につなげる検査です。

  検査内容
ぎょう虫卵検査 セロファンテープ二回法

 

小児生活習慣病予防健診

小児期の生活習慣が,将来の健康へ大きく影響します。正しい生活習慣を身につけるためには,まず,現在の状況を調べることが重要です。
当協会では,「要生活指導」以上と判定された場合,よい生活習慣を身につけていただくために,保護者を対象にした結果説明会を開催しています。

 

貧血検査

急激に体が成長する学童期は,体内で鉄の需要が高まるため鉄不足になり,その結果貧血になりやすくなります。早期に発見して管理・指導を行い,治療につなげるための検査です。

検査内容
赤血球数,血色素量(ヘモグロビン量),赤血球容積比(ヘマトクリット値),赤血球恒数,白血球数

 

結核健康診断

原則,高等学校,高等専門学校及び大学の第一学年を対象に,胸部X線検査による結核健康診断を実施しています。また,胸部X線検査によって病変の発見された方及びその疑いのある方に対して、結核精密検査を実施しています。

健康診断についてのご相談・お問合せ

お問合せ先
当協会 渉外課
TEL 029-241-0542
FAX 029-241-0632