現在のページ:
ホーム
> 協会について
> 検診バスの紹介

協会について 検診バスの紹介 協会についてへ

検診バスの紹介

当協会は,各種がん検診バスや循環器健診バスなど100台近くを保有し,がんや病気で悲しむ人を一人でも少なくしたい,多くの方々に受診していただきたいとの強い想いを乗せて,皆さまの住む街に,職場や学校にと,お伺いしています。

胸部検診バス

胸部検診バスでは,肺がん検診や結核健診を行います。最新のデジタル撮影装置を搭載したバスは,外観に大きく当協会のロゴマークを表示し,検診会場だけではなく移動時にも非常に目立つデザインとなっています。
一方,内装は快適な空間を演出するため広い待合室を確保し,お掛けになってお待ちいただくことが可能です。また,暑さや寒さに対応するためエアコンも完備しています。

 検査機器
 待合室
 デジタル操作室

 

胃がん検診バス

検診バスのなかでも,胃がん検診バスは一番車体が大きく,相当な重量となっています。保有する全てのバスがデジタル撮影装置搭載であり,精度の高い診断が可能となっています。撮影の際は,操作室のモニター越しに胃の粘膜を確認しながらリアルタイムで撮影していきます。撮影は様々な角度から胃を撮影していくため,撮影室に設置された検査台は可動式になっています。また,天候の悪い日にも備えるため,検診バスの出入り口上部に格納式の大きなひさしを取り付けています。

 検査機器
 待合室
 操作機

 

マンモグラフィ検診バス(乳房X線検診バス)

マンモグラフィ検診バスは,全員女性スタッフによって県内を巡回しています。内部には,デジタル撮影装置の中でもフラットパネルディテクターと呼ばれる,他の装置に比べ細かいところを描写する点などに優れた,フィルムレス時代に適合した装置を搭載しています。また,外観には大きなピンクのリボンといくつもの花柄模様を表示し,内装もピンクを基調とした女性専用バスらしいデザインになっています。

 検査機器
 待合室
 操作モニター

 

子宮頸がん検診バス

バス後方部から内部に入ると先ず待合室があります。待合席は仕切りを設けたプライバシーを守る作りになっています。足もとが冷たくならないように,絨毯を敷き詰め,見た目も暖かい雰囲気を作っています。
待合室から診察台までは,段差をなくして移動しやすくしています。また,診察台には楽に腰掛けできるよう配慮しています。2台の診察台は壁で仕切られ,診察室からもカーテンで仕切られているため,誰にも顔は見えません。

 診察台
 待合室
 診察室入口

 

超音波検診バス

超音波検診バスには,乳房超音波検診バスと腹部超音波検診バスがあり,同様な外観と内装になっています。検査は,モニターで確認しながらリアルタイムで撮影していきますが,苦痛もなく,とても安全な検査です。
検査装置は2台搭載しているため,同時に2名の検査を行うことが可能です。内装はプライバシー確保のための工夫を施し,壁やカーテンの色を明るく優しい色調にして,ゆったりとした気持ちで受診できるように配慮しています。

 検査機器
 待合室
 更衣室