現在のページ:
ホーム
> お知らせ・更新情報

お知らせ・更新情報

新着情報

お知らせ

9月24~30日は「結核予防週間」です!

 毎年9月24~30日は、厚生労働省と公益財団法人結核予防会等が主催する「結核予防週間」です。

 2021年に国内で結核と診断された患者の数は、10万人あたり9.2人(2020年は10.1人)となり、1951年に結核予防法が成立し調査が開始されてから初めて、世界保健機関(WHO)が定める「低まん延国」の基準(10万人あたり10人未満)を満たしました。
 しかしながら、この数値は、新型コロナウイルスの流行による有症状者の受診控えや健診受診者の減少等によって、結核患者が発見されていないことが要因とする考えもあり、新型コロナウイルスの収束後、これらの要因が解消され、また数値が上がってしまうことが危惧されています。

 昨年度、当協会が実施した結核健診は、コロナ禍前に比べて受診者が約5万人(20%)も減少しており、依然として受診控えの傾向が続いています。結核の早期発見は重症化を防ぐだけでなく、家族や友人、職場等への感染拡大を防ぐことにも繋がります。さらに高齢者の結核は、咳・痰・微熱などの典型的な症状がない場合もありますので、対象の方は健診(胸部X線検査)を毎年受けましょう!


2022結核予防週間.jpg










【2022年度結核予防週間の普及啓発ポスター】

2022.9.15 更新