現在のページ:
ホーム
> 個人情報について
> 個人情報開示等請求に関する手続き

個人情報について

個人情報開示等請求に関する手続き

当協会に直接ご提供いただいた個人情報の開示等のご請求に関しては下記のとおりです。

開示等の請求とは
当協会に直接ご提供いただいた個人情報は,個人情報保護に関する法律に基づき,個人情報の「利用目的通知」「開示」「訂正」「追加」「削除」「利用の停止」「消去」「第三者への提供の停止」の請求をすることができます。
個人情報の削除と消去の違いとは
「個人情報の削除」
個人情報の内容が事実でない部分を削除したうえで,当協会が利用を続けることをいいます。
「個人情報の消去」
開示対象個人情報を消し,その効力を失わせることをいいます。
  • 1 開示等の請求ができる方
    開示等のご請求ができる方は以下のとおりとさせていただきます。
    • a ご本人(対象となる個人情報で特定される方)
    • b 代理人(ご本人様より委任された方,または,親権者などの法定代理人)
  • 2 請求方法
    下記aの書類をご提出いただき,書類内容に不備がない場合は,bの事務手数料を請求させていただきます。
  • 3 当協会からの回答
    来会での開示等の回答をご希望の場合は,請求された方に直接,書面により回答します。
     また,郵送での開示等の回答をご希望の場合は,請求された方の身分証明書記載住所宛に書面により回答いたします。
  • 4 個人情報に関する苦情・相談
    個人情報に関する苦情・相談については当協会 経営企画室までお申し出ください。
  • 5 認定個人情報保護団体
    当協会は,個人情報保護に関する法律により,総務省及び経済産業省から認定個人情報保護団体の認定を受けた一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の対象事業者です。認定個人情報保護団体は,対象事業者の個人情報の取扱いに関する苦情処理を行います。
〔お問合せ先〕
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 プライバシーマーク事務局個人情報保護苦情相談室
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館内 TEL 03-5776-1379
〔個人情報開示等受付窓口〕
経営企画室 TEL 029-241-0011(内線812) FAX 029-241-0332
  • 2-a ご提出書類
    • ① 個人情報の開示などの請求書
      請求の種類 請求書(ダウンロードできます)
      個人情報の開示 「個人情報開示請求書」
      個人情報の利用目的通知 「個人情報利用目的通知請求書」
      個人情報の訂正,追加,削除 「個人情報訂正等請求書」
      個人情報の利用の停止,消去,第三者提供の停止 「個人情報の利用停止等請求書」
    • ② 本人(代理人)確認書類
       開示等のご請求の際に,ご請求された方が,ご本人,または,代理人であることを確認するための書類を下記のとおり提出していただきます。
      開示等対象者 開示等請求者 確認書類
      15歳以上の方 本人 以下のいずれか1点(郵送時には写し可)
       ① 運転免許証
       ② 旅券(パスポート)
       ③ 健康保険証の被保険者証
       ④ 外国人登録証明書または住民票
      任意代理人 ・任意代理人に関する上記①~④のうち1点
      ・委任状(開示対象者本人の印鑑証明書添付必要)
      15歳未満の方 法定代理人
      (親権者)
      ・法定代理人に関する上記①~④のうち1点
      ・法定代理人の戸籍抄本
      成年被後見人の方 法定代理人
      (成年後見人)
      ・法定代理人に関する上記①~④のうち1点
      ・法定代理人の成年後見登記事項証明書
      ※開示等請求者により,ご提出していただく書類が異なりますのでご注意ください。
    2-b 事務手数料
    • 1 開示,利用目的通知の手数料
      区 分 手数料 備 考
      来会によるご請求の場合 1件あたり300円  
      郵送によるご請求の場合 1件あたり600円 配達証明書付き郵便代を含む
      ※不開示または利用目的通知不可となった場合も,事務手数料の返金はできませんのでご了承ください。
    • 2 訂正,追加,削除,利用の停止,消去,第三者提供の停止の手数料
       手数料なし